Home > スポンサー広告 > 残照の道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://nichiunn.blog33.fc2.com/tb.php/310-6383cc11
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Photo traces ~フォト・トレース~

Home > スポンサー広告 > 残照の道

Home > 朝日・夕日 > 残照の道

残照の道


ある日の夕焼け、
水面(みなも)にのびる残照の道





最近「へぇ~!!」と思ったこと!

以前にネットで
「焦点距離200mmのズームレンズなのに、計測すると100mmちょっとしかなく、だまされた!」
という記事を見て「そんなばかな!!」と思ったけど、最新号(9月)のCAPA(キャパ)を読んで納得!!

原因はインナーフォーカスにあったのですね!!

インナーフォーカスは近接撮影になるほど、画角が広くなる特徴があるということ。


色々調べてみると、

そもそも、焦点距離というのは無限遠(∞)にピントを合わせた時の計測値なので
間違いでも、詐欺でも、なんでもないということ。

さらに、表記の規則として5%の誤差なら許容範囲ということなので
無限遠で190mmしかなくてもOKということだ!

ズームレンズに限らず、マクロレンズなどでもインナーフォーカスを採用している場合は
同様の傾向があるのだね!!


インナーフォーカス式のレンズを持っていないので、今までは、
表記と実際の焦点距離が異なる!?なんてことは思いもよらなかったけど、勉強になりました!


詳しくは今月号のCAPAを参照
・http://capacamera.net/capa/

デジカメWatchにも比較記事が載ってます
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2005/04/07/1335.html
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2005/04/25/1432.html

しくみについてはこちらのサイト(「レンズ概説」)を参照
http://home.a00.itscom.net/shisan12/lenstext.htm
 (第1章「レトロフォーカス」、第3章「ズームレンズの原理」などを参照)


   にほんブログ村 写真ブログへ   人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nichiunn.blog33.fc2.com/tb.php/310-6383cc11
Listed below are links to weblogs that reference
残照の道 from Photo traces ~フォト・トレース~

Home > 朝日・夕日 > 残照の道

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
FC2 Blog Ranking
    FC2ブログランキング参加中。お気に召しましたら“ポチッ”とお願いします↓
Blog MURA
    応援よろしくお願いします↓
    にほんブログ村 写真ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
BLOG RANKING
    人気ブログランキングへ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。